• トップ
  • 雑誌
  • ムック
  • 会社情報
  • 広告について
トップ > ムック / 書籍 > 胃ろうという選択、しない選択 「平穏死」から考える胃ろうの功と罪

ムック / 書籍

胃ろうという選択、しない選択 「平穏死」から考える胃ろうの功と罪

ネットで購入




胃ろうという選択、しない選択 「平穏死」から考える胃ろうの功と罪

胃ろうという選択、しない選択
「平穏死」から考える胃ろうの功と罪

著者:長尾和宏
2012年12月3日発売 本体 1,500円(税別)

老衰、認知症終末期、どう生きる?
口から食べられなくなった時、病院で求められる「胃ろう」に、あなたと家族はどう答える?



■編集部から
胃ろうは「過剰な延命治療」か? 人生の終末期に突然求められる「胃ろう」という提案に、あなたと家族はどう答えるべきか――?  今、胃ろうの何が問題か? 新聞、テレビで「過剰な延命治療」と取り沙汰される「胃ろう」。種々の病気で、口から食べられなくなったり、嚥下機能が落ちてきた人には、胃に小さな孔(あな)を開け、管を通し、胃に直接栄養剤を注入する人工栄養法をお医者さんはすすめます。この胃からの経管栄養法が「胃ろう」です。胃ろうをいったん増設すると、胃ろう栄養の中止は容易にできません。中止は、死に直結するからです。終末期のお年寄りたちが直面している、胃ろう問題の現実を、500人を在宅で看取った現役医師が問う。

今、胃ろうの何が問題か? そもそも「胃ろう」とは? 病院はなぜ、胃ろうをすすめるのか? 「ハッピーな胃ろう」とは? 「アンハッピーな胃ろう」とは?
胃ろう生活Q&A 手術、費用、造設後の生活は? 「胃ろうのすすめ」をことわりたいときは? ……ほか。

著書プロフィール
長尾和宏(ながお・かずひろ)
医師。尼崎・長尾クリニック院長。
1958年、香川県に生まれる。
1984年、東京医科大学卒業、大阪大学第二内科入局。1995年、兵庫県尼崎市で開業、2006年より、在宅療養支援診療所となり、外来診療と24時間体制での在宅診療を続ける。
日本尊厳死協会副理事長・関西支部長。日本消化器病学会専門医。日本消化器内視鏡学会専門医。日本内科学会認定医。日本在宅医学会専門医。日本禁煙学会専門医。日本病態栄養学会評議員。日本慢性期医療協会理事。日本ホスピス在宅ケア研究会理事。尼崎医師会内科医会元会長。労働衛生コンサルタント。関西国際大学客員教授。

書名/胃ろうという選択、しない選択 
    ――「平穏死」から考える胃ろうの功と罪
目次/はじめに  あなたは「胃ろう」をご存じですか?



第1章 今、「胃ろう」の何が問題なのか――

胃ろうをめぐる混乱
胃ろうはなぜ嫌われたのか?
そもそも「胃ろう」とは何か? 
胃ろうは経腸栄養法のひとつ
胃ろうはもっとも優れた人工栄養法
もともとは子どものために考えられた
脳卒中急性期の胃ろうは絶対に必要なもの
神経難病での胃ろうは生きるために不可欠なもの
交通事故で胃ろうを造られる方も
胃ろうの8割は高齢者のため
入院したら提案される「とりあえず、胃ろう」

第2章 病院はなぜ、胃ろうをすすめるのか?

胃ろうができる人、できない人
胃ろうは内視鏡で造られる
胃ろうのトラブルのほとんどは管の交換時に起きる
「食べさせたら死ぬ」で胃ろうをすすめられたケース
「半年もたない」という理由で胃ろうをすすめられたケース
骨折で入院した病院で胃ろうをすすめられたケース
100歳近くでも胃ろうをすすめられたケース
「食べたら死ぬで!」の患者さんも実は食べられる
胃ろうで4年間食べていなかった人も食べられる
「胃ろうで誤嚥性肺炎を予防できる」は誤り⁉
胃ろうで誤嚥もQOLも本当に改善する?
「胃ろうをしなければ餓死する」という医療者
胃ろうを造らずに亡くなった場合の訴訟を恐れる
人工呼吸器はずしで、殺人容疑に問われた事件の影響も
急性期病院から出るためには胃ろうが必要⁉
胃ろう患者は経営的にデメリット
病院が胃ろうをすすめる「100点満点」の説明とは

第3章 ハッピーな胃ろう、アンハッピーな胃ろう

食べられなくなること、それは人間の寿命?
かつては胃ろうを造る側だった
延命措置が最期を苦しいものにする!?
胃ろうは人間を幸福にしたか?
「おまかせします」が胃ろうを増やしている!?
介護施設では胃ろうのほうががかからない
胃ろう患者が家に戻れるケアを
胃ろうという選択は、口から食べられるうちにするべき
胃ろう栄養は「強制栄養」でもある
胃ろうをすすめる医師は、自分の親にも胃ろうをするか?
胃ろう患者は、どんな状態で最期を迎えるか?
終末期には人工栄養を「しぼる」
自己決定しないことは、「死の外注化」
胃ろうの延命効果と、生死の決定権
私は胃ろう栄養を中止したことがある

第4章 胃ろう生活Q&A 質問の多いこと

胃ろう後の生活はどうなるか?
Q1  お医者さんはどんな場合に胃ろうをすすめますか?
Q2  認知症終末期の胃ろうは、延命措置ですか?
Q3  胃ろうは体力があるうちでないと造れないのですか?
Q4  胃ろうでどのくらい延命できますか?
Q5  胃ろうをすると、床ずれが治るというのは本当ですか?
Q6  胃ろうは誰にでも造れますか?
Q7  胃がんですが、胃ろうは可能ですか?
Q8  胃ろうを造設術をわかりやすく教えてください
Q9  胃ろう造設術は安全ですか? そのリスクは?
Q10 胃ろう造設術には同意書がいると聞きましたが?
Q11 胃ろう造設術での入院にはいくらかかりますか?
Q12 胃ろうを造ったあと、はどんな費用がかかりますか?
Q13 栄養剤の注入には、1回1~2時間かかると聞きましたが?
Q14 より短時間で注入できる栄養剤はありますか?
Q15 胃ろうの栄養剤を口から食べても大丈夫ですか?
Q16 胃ろうでの在宅療養費はいくらぐらいかかりますか?
Q17 胃ろうの普段のケアはどうするのですか?
Q18 胃ろうでもお風呂には入れますか?
Q19 胃ろうの交換はどのくらいで行うのですか?
Q20 胃ろうの交換は簡単でしょうか? 
Q21 胃ろうの交換は在宅でもできますか?

第5章 「平穏死」から考える、胃ろうの功と罪

胃ろうを迷った時は、こう尋ねてみよう
「胃ろうのすすめ」をことわりたい時
胃ろうを選択しない人には、在宅療養がおすすめ
「胃ろうの中止」はグレー。しかし、在宅では「あうん」
終末期の胃ろうは、過剰な延命措置か?
自分自身はどんな最期を望むかの?
「リビング・ウイル」を表明する意味
気がつけば延命措置のまっただなか
看取り医がイメージする「平穏死」とは?
最期まで在宅で過ごすために知っておきたいこと
人間の気持ちはつねに揺れるもの
自宅という「世界最高の特別室」での最期

おわりに どう生きるか、何を優先するか?