• トップ
  • 雑誌
  • ムック
  • 会社情報
  • 広告について
トップ > ムック / 書籍 > 病気にならない食と暮らし

ムック / 書籍

病気にならない食と暮らし

ネットで購入










病気にならない食と暮らし

著者:本間真二郎
2018年3月1日発売 本体 1,500円(税別)

月刊「クーヨン」「壮快」に連載中の、小児科医師の春夏秋冬。
こんなお医者さん、今までいなかった!
「健康に生きるコツ」を見つける暮らし方が、この1冊に詰まっています。

■編集部から

著者・本間氏は、那須烏山市(栃木県)の診療所で地域医療に従事しながら、みずから米や野菜を育て、調味料をつくり、春夏秋冬の自然を楽しみながら暮らしています。

著者の考え方は、とてもシンプルです。
・病気の原因のすべては、自然に反した生活にある
・自然に沿って暮らせば病気にならない
というもの。
そのため、診療所ではなるべく薬を使わない治療をすすめてはいるものの、西洋医学を否定しているわけではなく、西洋、東洋、自然のお手当などを取り入れた、総合的な医療を行っています。

「自然に沿って暮らす」ことを実践し続ける著者の暮らしを、たくさんの写真とともにまとめたのが本書です。
本間家の四季の食事を中心に、自然農、麹づくり、調味料づくり、子育てなどにもふれています。
実際にやってみるからこそ、理屈だけではわからない、さまざまなことが見えてくるのです。

特別なことはしなくていい。完璧でなくていい。
本間家の暮らしを参考に、できることを、できる範囲で始めてみませんか。

【目次】

自分流の発酵生活/発酵食品は手づくりが楽しい/病気にならない食事/季節の味と暮らし
春夏秋冬の食卓/定番のおかず/干しのすすめ/ごはんのおとも/暮らしの道具




【著者プロフィール】

本間真二郎(ほんま しんじろう)

小児科医師。1969年、北海道札幌市に生まれる。
札幌医科大学医学部を卒業後、札幌医科大学附属病院、道立小児センターなどに勤務。2001年より3年間、アメリカのNIH(国立衛生研究所)にてウイルス学・ワクチン学の研究に携わる。
帰国後、札幌医科大学新生児治療室(NICU)室長に就任。
2008年、栃木県那須烏山市に移住し、現在は同市にある「七合診療所」の所長として地域医療に従事。
ウイルス学研究で培った菌に関する豊富な知識を、自然農や調味料づくりに生かしながら、自然に沿った暮らしを実践している。二児の父。
著書には、『病気にならない暮らし事典』(小社刊)がある。