• トップ
  • 雑誌
  • ムック
  • 会社情報
  • 広告について
トップ > ムック / 書籍 >脳科学で自分を変える!自己肯定感が高まる脳の使い方

ムック / 書籍

脳科学で自分を変える!自己肯定感が高まる脳の使い方

ネットで購入










脳科学で自分を変える!
自己肯定感が高まる脳の使い方

著者:中野信子
2019年6月19日発売 本体 680円(税別)

自分を肯定するとは、人生を肯定すること。
「脳」だけが知っている、いまのあなたとの向き合い方。


■編集部から

自己肯定感を持てないのは、あなたのせいではありません。
生まれつき、不安になりやすい人もいれば、自信を持ちやすい人もいる、というだけのこと。
そして、「生まれつき」だからといって、変えられないことはないのです。
生まれつき黒い髪の毛をほかの色に染める、なんて普通のことですよね。

同じように、「脳」を上手に使うことで、
自己肯定感を育むことができたり、他者と良好な関係を築いたり、
運を引き寄せることだってできるのです。

私たちに与えられた「脳」という武器を使って、人生を良い方向へと変えていきましょう。


【著者プロフィール】

中野信子(なかの・のぶこ)

1975年、東京都に生まれる。東京大学工学部卒業後、同大学院医学系研究科修了、脳神経医学博士号取得。脳科学者・医学博士・認知科学者として横浜市立大学、東日本国際大学などで教鞭を執る。脳科学や心理学の知見を生かし、マスメディアにおいても社会現象や事件に対する解説やコメント活動を行っている。レギュラー番組として、『大下容子 ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系/毎週金曜コメンテーター)、『英雄たちの選択』(NHK BSプレミアム)、『ホンマでっか! ?TV 』(フジテレビ系)。著書には、『サイコパス』、『不倫』(ともに文藝春秋)、『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館)、『シャーデンフロイデ 他人を引きずり下ろす快感』(幻冬舎)、『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』(KADOKAWA)、『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』(小社刊)などがある。